むし歯治療について.jpg

一デンタルパークのむし歯治療ポイント

歯の検診_edited.jpg
むし歯のちりょう.jpg

むし歯治療をする前に

あなたと一緒にどこを目指していきましょうか?

 

むし歯を作らないためには、お口の環境をよくすることが大切です。

あなたにあった「歯ブラシを使う」「歯磨き粉を選ぶ」「フロスを使うこと」「しっかりと歯垢を取りきる」「むし歯に対して耐性をつける」といったいろいろ取り組めることがあります。

 

また、当院では歯周病予防と合わせてこう行ったことはご説明していますので参考にしていただきたいと思います。

では、むし歯が大きくならないうちに治療することは難しいのでしょうか?

むし歯の発見が遅れる特徴としては、

痛みが出ることで気づく

歯が欠けて気づく

定期検診に行っていないことなど、そもそも発見できる環境が整っていないことが挙げられます。

 

 

定期検診の重要性は、「何もないこと」「悪くなっていないこと」が確認できることです。

どうしても検査というと、何かあったから診てもらうイメージを持たれると思います。

ですが、歯に関しては自然に治ることがありませんので、悪くなってしまってからでは治療法が限定されてしまい、最悪抜歯を行います。

検診で何もないことを長く続けることこそ、体にとっては優しいのではないでしょうか?

むし歯治療の最大の課題

再発

むし歯の再発を経験した方は多いと思います。

歯ブラシしているけど、歯磨き粉も教えられての使っているけど…と意識を高く維持されている方に起こってしまいます。

 

これには銀歯が関わっていることがわかっています。

 

なぜ銀歯かというと、

保険診療では、治療方法、型取りの方法、銀歯で使用する金属が決まっています。

 

決まってしまっているが故に、精度が上げられません。

そして、この金属は銀が主成分であり、銀はサビて、溶けることがわかっています。

体に取り込まれることもありますし、金属自体が変化してしまうので詰め物に隙間が開いてしまいます。

 

こうなっては歯ブラシができてもむし歯にしない方が難しくなってしまいます。

 

長く体に残る治療だからこそ、今できる最善の方法は何か考えたとき、あなたにお伝えしたかったことがここにあります。

診療についてわからないことがありましたら、遠慮なく来院されたときにおっしゃってください。

良くなる方法を考えていきましょう