歯科検診

輝く自分を取り戻すために

​自分を輝かせるきっかけ作り

​今まで治療したところを、再度治療した経験はありませんか?

今まで歯科医院で行われていた

『削って』『つめる』

ことが推奨されていました。

​しかし、もうそういった時代ではありません。

むし歯の進行状態
右へ行くほど重症のむし歯です。
むし歯は大きくなればなるほど、歯を失う可能性が高くなります。
根の治療を行った歯も、神経がないことで歯の寿命は短くなります。

そもそも『削って』『つめる』

このことが行われていた背景には、2つの理由があります。

1つ目は、むし歯や歯周病になってから治療が始まること

2つ目は、治療器具の選択肢が狭かったこと

この2つの背景があって、歯科医院では

削る、痛い治療をするところになってしまいました。

今回、今まで苦労されてきた方が、もう悩みたくない、困りたくないと思うことがあれば支援をしています。

まずは、しっかりと再治療が必要ないようにする必要があります。これが削って詰めることです。

​以前に治療してある詰め物や、被せ物、入れ歯といった人工的に装着したものの修理が必要なことがあります。

​保険治療の弊害はここに現れます。

まずはこの状態をやり直します。​

歯周病の進行状態
右へ行くほど重症の歯周病です。
歯周病は、歯の周りの骨(歯槽骨)が減ってしまう状態です。
そのため歯は綺麗なのに、抜けてきてしまうことになります。
​歯周病の進行に関しては多くの要因が複雑に関係しているので、わずかな症状を見逃さず、初期対応をしていくことが最も効果的です。

重要なのが次のステップで、

しっかりと確実に口腔清掃が自分でできる環境を作り出します。

お家での歯ブラシはいつどうやってますか?

歯間ブラシって使った事ありますか?

フロスって触ったことありますか?

こういった地道なヒアリングを行うことで、その方がなぜ、治療しつづけてきたのか?なぜ病状が進行するのか?

今までこの見えなかったことを見える化して、改善することを目標としています。

最後にお願いになります。

以上のことは、歯科医院でやれば終わりというものではなく、歯ブラシを覚えてもらったり、歯間ブラシを使えるようになったりと、全体うち80%以上を自分自身で行っていただく必要があります。

​これからの未来への悩みを解消するお手伝いをさせていただけませんか?