親子1.jpg

小児歯科を考えているお母さんへ

お子さんが、歯科検診で、
むし歯があると言われませんか?

僕が子どもの頃よりも明らかにむし歯を持っている子どもは減っています。

​むしろ、むし歯を経験したことがない子どもの方が増えています。

そんな中で小児歯科って必要なの?

​と思われるかもしれません。

歯科医院を、
『治療を行う場所』として
考えてしまうと、

何か問題があった時に
通うことが正しい受診方法に
​なってしまいます。

僕もそういった環境で
小さい頃は
受診していました。

しかし、この方法だと、
痛くなった時、
むし歯が大きくなった時に
​いくことになるので、

子どもからすると、
歯医者さんが、

コワイ
イタイ
イキタクナイ
というところに​なってしまします。

歯科医師となってからこの経験を振り返ると、
​何か症状が出た時に行くのではなく、

症状がない時に、悪くなる前に診ていくことが
一番重要なことだと実感しました。

歯は一生使います。

これは間違いありません。
無くなっていいものではないし、
​無くさないために、
守らなければいけません。

守る習慣をご両親を含めた
家族で実践したいただく環境づくりが、
​子どもの口の中を守ることになります。

当院では、小児歯科として、乳歯の生え始めや、生え変わりには、フッ素を塗っています。
むし歯ができやすい3歳から9歳ぐらいまでには​清掃器具を使った歯ブラシのアドバイスを行なっています。

もちろんその年齢以上になった時には、​お子さん自身で自分の歯を守るための歯ブラシチェックを行なっています。

そういった地味な基礎力を磨くことが、
​大人になった時に一番苦労しない方法です。

僕も親になりますが、
自分が経験した悩みや辛かったことの中で、むし歯や歯並びといった口に関することを、
子どもが同じように経験してしまうことは、​とても悲しいと思っています。

もしあなたが歯医者さんで苦労したことがあったら、
自分の子どもには同じような苦労はして欲しくないと​、僕も考えています。

そういったお母さんの困ったことをなくためにお母さまの悩みごとも聞きながら、
​診療を一緒に進めていけたら嬉しいです。