• 武内一広

一デンタルパークとは

更新日:6月23日


院長の武内です。



11月になり、体の芯まで冷える季節に近づいてきました。みなさま風邪を引かないように気をつけましょう。



一デンタルパークです。

私たちの医院が開業いたしました。

カズデンタルパークといいます。


10月1日より診療を開始いたしました。

地域の皆さまのお体が健康になるように頑張っていきたいと思います。



歯医者さんのイメージ

みなさまにとって歯科医院とはどういったところですか?

痛いことをするところ?

歯をきれいにするところ?

はたまた、子供を連れていくのが大変なところ


といった感じ方が多いのではないでしょうか?




私たちの挑戦

私たちは今までの歯医者さんのイメージを変えたい!

と考えています。



やっぱり歯科医院というと、

「痛い」「怖い」「ツライ」などと感じませんか?


歯の治療となると、ゆううつだなと感じてしまいませんか?


ですが、ご飯を食べることや、人と話すことって楽しいですよね?

口はどちらにとってもとても重要な役割があります。




お口の病気の90%以上は予防ができる

毎日の歯ブラシと、4ヶ月に1回の定期検診でお口の病気の90%以上は予防ができます。

よく耳にするむし歯・歯周病は、気づかないうちに病状は進行しています。



つまり、気づかないうちに気づくことが重要です。(簡単なことではないですが…)


私たち一デンタルパークでは、初めて来院された方には、今の状態を記録します。

レントゲン検査や歯周病検査といった必要最小限の検査を行います。


これを行うことで、今までの治療の状況や、これから考えられる病気の進行について診査します。

また、僕らが最も気に病んでしまうことに、「治療を早く行なっていればよかったのに…」という方がいることです。



自分で自分の体を知る

ほとんどの方がいつ治療したか、どうやって治療しているのか、どういったことに気をつければいいのかということを覚えていません。


僕は、なぜ記憶に残らないのかと考えたとき、自分の身近に感じないから覚えられないのかなと考えることもありましたが、それは違っていて、そもそも人間は20分経つと46%の内容を忘れてしまうそうです。


僕はこれを聞いたとき、これはかなり忘れてしまうんだなと思いました。

これが1日経ち、2日経ち…1週間経ったら覚えていることなんて難しいのは当たり前です。


覚えて欲しいことをまとめた患者さん用のパンフレットを作成しています。

注意していただきたい点や、むし歯ってこういうものだよという内容を作成して、お渡しするものです。


歯の治療では、詰め物を入れるとか、被せ物をするとか、歯に詰める治療が基本になります。


体に治療物を入れることになりますので、入れたら入れっぱなしで問題が起こらないことなんてありません。

治療を受けていただく際には、これから起こりそうなこと、それに対してどうしたらいいかということも含めて一緒に診療していくことができれば少し身近に感じてくれるのではないかなと思います。



お読みいただきましてありがとうございました。

口についてのお悩みがあればぜひ一度ご相談ください。





一デンタルパーク

2020年より川越市に開業しました。

川越の地域に歯科医院がもっと身近になるように診療しています。

小さな悩みのうちに解消すると体にとっては優しい治療になりますね。

毎週火曜日は院内でセミナーもしていますので、通っていない方でも参加OKです。

350-1124

埼玉県川越市新宿町3-15-15

049-257-5979

歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科に対応しています。


院長 武内一広

日本口腔インプラント学会 専修医

日本有病者歯科医療学会 専門医 認定医

歯ブラシと歯磨き粉


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示