• 武内一広

子どものお口の変化

最終更新: 2月2日

川越市の一デンタルパーク武内です。

お子さんのためにと一緒に来院されるお母さまの眼差しの強さが印象的です。

自分の経験から、お子さんにはお口で悩んで欲しくないとしっかり考えていらっしゃいます。

そういった方から質問をいただきましたので、お答えします。

前回の記事をまだ読んでいない方はそちらもどうぞ!



むし歯の登場

食べられるものが増えてくるにつれ、甘いものをよく欲しがるようになります。

なぜ甘いものをよく食べるようになるかと言うと、甘いものには糖が多く含まれており、その糖は脳の唯一の栄養源だからです。

体の成長は一定のスピードで起こらずに、一気に進む時とゆっくり進む時があります。

脳や神経は5歳までに全体の約80%が完成するといわれます。

そのため、小さいうちから脳を発達させる栄養源となる糖を求めることは必然と言えます。

しかし、困ったことがお口には起こります。

甘いものがむし歯を作ることがあります。

むし歯は、むし歯菌、歯、食べ物の3要素が影響しあって作られます。

むし歯菌は感染症であるので、本来は人に住んでいない菌になりますから感染しないことに注意をしましょう。

また永久歯に比べると乳歯は柔らかく、溶けやすい構造です。

甘いものを全く制限してしまうことは、成長という立場ではオススメはしません。お口にとって注意したいのは、どうやって食べさせるかと言うことです。

同じものを同じ量食べるのであれば、時間を決めて食べさせることが効果的です。少ない量を長時間かけて食べていることがあればやめましょう。

よく歯ブラシができているか心配と相談をいただきます。

元も子もない話なのですが、小さいお子さんの歯ブラシほど難しいことはないと感じます。

格闘しながらなんとなくやっているといった感じでしょうか?

歯の表の面はどちらかと言えば歯ブラシがしやすいので、まずはこちらをしっかりと行いましょう。

お口は敏感なセンサーがとても多い場所で、歯ブラシに慣れないうちから完璧にやろうとすると、痛みを感じてはいないけど、危険と反応します。

そうなってしまったらもうできるものもできなくなってしまいます。

そのため、口を閉じた状態でもできる歯ブラシ法をお伝えしています。

このブログでもどこかでお話ししたいと思っていますが、言葉だけだと難しいので何かいい方法を考えています。

歯並び大丈夫?

もうすぐ小学校に入学となる時期に、生え変わりが起こります。

前歯がグラグラして、硬いものを噛んだ時にポロッと抜けることがよくあります。

そうなってようやく永久歯が生えてきますが、最近この永久歯がとても大きく作られ、生えてきてしまう子が多くなっています。

永久歯が大きいこと=歯が生え揃わない可能性があります。生え変わりのはじめには影響はないですが、奥歯が生えかわる10歳ごろになると先に生えた永久歯がどんどん隙間を埋めてしまうので、後に生えてくる永久歯がまっすぐ生えません。

永久歯の大きさはとても重要です。

生えてきた歯の大きさを変えることはできませんが、この時期に予測が立っていれば、小児矯正を行うことで子供の人生を救ってあげることができます。

成長を実感する

脳は5歳で80%完成してしまうのですが、体は成長期まで大きくなっていきます。歯の生え変わりも12歳ごろまでかかることがほとんどで、成長期を迎えると大人のお口の中と一緒になっていきます。

この時期には自分で行動できる範囲も大きくなり、生活環境が変わります。

そういった外部環境の変化によって、第2期むし歯好発期を迎えます。

人生のとってプラスになること

永久歯になるまでに、むし歯がないことが第1目標であり重要なポイントです。生涯むし歯のないお口となることは、今おじいちゃんおばあちゃんが悩んでいる歯の問題の50%以上は解決します。むし歯となる子供は年々減っているのでこのまま少なくなってくれることを期待しています。

当院では、このように各年代に合わせてチェックポイントを考えています。すべては大人になった時に「お母さんむし歯がないお口でありがとう」と思っていただきたい、そして「お母さんありがとう」と感謝して欲しいと考えています。





家族


↓診療している診療所のご紹介デス

小児歯科、矯正歯科も受け付けています。

新型コロナウイルス感染対策を強化しています。

HPに詳細を記載しておりますので、ご覧ください。

—————————————————————————————————————————


一デンタルパーク

歯科医院がもっと身近になることを第一に考えています。

小さな悩みのうちに解消すると体にとっては優しい治療になりますね。

毎週火曜日は院内でセミナーもしていますので、通っていない方でも参加OKです。お問い合わせください。

350-1124

埼玉県川越市新宿町3-15-15

049-257-5979

歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科に対応しています。

日本口腔インプラント学会 専修医

日本有病者歯科医療学会 専門医 認定医 在籍

3回の閲覧0件のコメント