• 武内一広

お腹の赤ちゃんのために

小児歯科が得意な歯医者さん

一デンタルパーク武内です。

梅雨が明けて暑さがグンと増してきましたね。

子供は体が小さく、すぐに脱水症状になりやすいので大人が大丈夫と思う前に、水分補給をしていきましょう🎵







妊産婦歯科検診
安心と安全な体を作りましょう🎵

子供を授かる時に知っておいて!

お腹にいるあなたの子にできること


私は今ママのお腹の中にいて、グングン成長中! でも心配なことがあるの…。 ママは、わたしがおなかに来てから、歯みがきの時に歯ぐきからたまに血が出るようになったんだって。 「なんだか歯ぐきが腫れてるけど、別に痛くないし、妊娠中だから歯医者さんにも行きにくいし、このままでもいいかなあ…」ってパパに相談してる。 でもママ、本当に歯医者さんに行かなくても大丈夫なの?

と、もしあなたのお子さんが心配していたらどうでしょうか?




あなたは妊娠関連歯肉炎を発症しています。

妊娠をすると、女性の体は変化します。

「エストロゲン」、「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが血液中に多く分泌されています。


これらのホルモンを、歯周病菌の一部が栄養源にしています。

そのため、歯周病原菌が増殖して口の中で活発に活動します。 そのため妊婦さんは、歯周病の初期症状である「歯肉炎」になりやすく、多くの妊婦さんが、妊娠関連歯肉炎にかかっているともいわれています。


この2つの女性ホルモンは妊娠中だけでなく、排卵と生理のサイクルにも影響しているため、女性は歯肉炎になりやすいといわれています。もともと歯肉炎だった人が、妊娠してさらに悪化してしまうケースも多くあります。



妊娠関連歯肉炎とは

歯肉炎とは、「歯肉(歯ぐき)が炎症を起こしている状態」のことです。

特に妊娠の影響が大きいときに悪化するものが、妊娠に関連した歯肉炎と言われます。


主な症状は4つあります。

① 歯ぐきの色が赤くなっている

② ぶよぶよと腫れている

③ 歯と歯の間にある歯ぐきが、ふくらんでいる

④ 歯をみがいた時などに出血しやすい

4つの項目のうち一つでも当てはまる場合は、要注意。

セルフチェックをして口の中の状態を知りましょう。



歯肉炎は悪化すると、歯周炎という病気に進行します。


歯周炎になると、歯ぐきの炎症進行して歯を支える骨に影響が現れます


そうなってくると必ずと言っていいほど、歯と歯ぐきの境目の溝(歯周ポケット)が深くなります。

そして、歯を支えているあごの骨(歯そう骨)も溶けて減ってしまいます。


歯を支えているあごの骨が溶けることで、最終的には歯がグラグラして抜けてしまうことがあります。



これに合わせて問題になるのが、

歯周病が進行することで、歯ぐきの毛細血管を通じて歯周病原菌が全身に流れていきます
口腔内プラークが引き起こす胎児への影響
口腔内プラークが引き起こす胎児への影響

そして脳梗塞や心筋梗塞になりやすくなったり、糖尿病が悪化するなど、全身へさまざまな影響を与える可能性があることが分かってきました。


妊娠関連歯肉炎の症状自体は、歯ぐきが腫れたり出血しやすくなるだけで、歯そう骨が溶けるまで悪化することはありません。


たかが歯ぐきからはじまる見えない病気ですが、歯だけでなく全身に影響しています。

気づかないからと放っておくとことで、歯周病が悪化と進行します。


定期的に検診を受けて早めの治療やケアでほとんど防ぐことができます。

定期的な診察を受けることをオススメしています。


これがお子さんの体と精神を守ることになっていきますよ。





一デンタルパークの紹介です。

2020年より川越市に開業しました。

川越の地域に歯科医院がもっと身近になるように診療しています。

小児歯科から矯正歯科、義歯制作、インプラント治療などを含めて、小さな悩みのうちに解消できるように診療しています。

また週に一度セミナーを行っています。




350-1124

埼玉県川越市新宿町3-15-15

049-257-5979

歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科に対応しています。


日本口腔インプラント学会 専修医

日本有病者歯科医療学会 専門医 認定

1回の閲覧0件のコメント