小児歯科画像

お子さんの未来を作るお手伝い

一デンタルパーク 小児歯科について

子どものむし歯は、抜けるから大丈夫ってほんと?

こどもの歯が虫歯になると…

小さなむし歯だからといって、気を抜くなかれ!

お母さま方にとって、

むし歯は歯の表面に穴を開ける病気ですか?

それとも

お子さまの成長を妨げる病気ですか?

むし歯は確かに歯に穴を開ける病気なのですが、穴が空いた歯で食事をするとどうなるでしょうか?

見た目では噛めているように見えて、なんともないように見えますか?

​でも実際は、食べ物を丸呑みしていることがあります。

そのため、むし歯によって体の成長が妨げられてしまうことも起こります​。

さらに悪循環になると、

 

噛めないから、成長に大切な野菜やお肉などが嫌いになり、柔らかい炭水化物を好むようになります。

柔らかい食事は顎の成長も悪くなり、お口周りの筋肉が弱くなり永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。

また虫歯が大きくなり、根の先に膿みがたまったままになることがあります。

そうなることは、歯の抜ける時期が早め、抜けた隙間に両隣の歯が寄って来てしまい、そのことでさらに永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。

虫歯が増えれば、口臭や発音も悪くなる事があります。

※こどもの歯は、おとなの歯に比べ未熟のため、虫歯になりやすく、進行しやすいため定期的にフッ素や検診をする事が大切です。

お子さんは、歯医者さん苦手ですか?

ここまで怖い話をしてきました。

でも、しっかりと決め事をしたり、一緒に治療に当たることで良くすることができます。

もし、お子さんが泣かずに診療を受けられたら

 

 

感動しませんか?

一デンタルパークの小児歯科では、治すことと感動することの両方を心がけています。

​お子さんを育てることはとても神経を使います。

怪我はしないかな…、むし歯はできませんように…、歯並びが悪くならないように‥、

これは歯に興味がある親ほど悩んでいます。

小学生になるまでは、歯並びと口を作るとても重要な時期です。

このときの過ごし方で20歳になった時、違いがはっきりと現れます。

悪い習慣を身につけていると、そのまま悪い習慣で行動します。

これがむし歯を作る、歯並びが悪くなる習慣となります。

​ご両親へのお願い

「歯医者がこわい」というイメージを持っている方は子供に限らず大人の方もお持ちなられている方はいらっしゃると思います。

周りの大人のイメージはお子さんに伝わり、歯医者嫌いになってしまうことがあります。
お子さんが自分でお口のケアができるようになったら、自分の意志で歯医者に通えるように以下のことに気をつけてください。

1 歯医者さんは怖いところや、おどしたりしないでください。

2 痛い思いをする場所やウソをついて連れてこないようにしてください。

3 おうちではみがきしないと、むし歯になって痛くなるよなどといわないようにしてください。

4 治療後はたくさんほめてあげてください。

 たとえ泣いてしまっていたとしても、小さなことでもいいので「できたこと」を見つけてあげましょう。

5 まわりのおとなが正しい歯の知識を持つ。

歯医者さんが苦手なみんなへ

本来であれば、記憶に残らないくらい小さい時から定期的に歯医者さんに通うと痛くないイメージを持つため怖がらないです。

 

むしろ歯医者さんが大好きなお子さんの方が多い気がします。


しかし、一度痛い思いや押さえつけられたりすると嫌な記憶しか残りません。

一デンタルパークでは小児歯科が苦手なお子様に対して練習プログラムを用意しています

当院で行っていること

1 少しずつ慣れてもらうこと。鏡でお口の中をいっしょに見ながら練習します。
2 暴れてしまう子にもネットをかけたり、押さえつけたりはしません。
3 少しでも出来たら褒めることを意識しています。
4 少しでも嫌がったらお子さんと相談しながら進めていきます。

5 慣れてきたら、保護者の方とは別々に診療を行います。

108.jpg

笑顔で治療が終われるように、

そして、その笑顔が一生続きますように願いを込めて、診療しています。