• 武内一広

歯並びが悪いと仕事に影響があると言われています。

更新日:1月9日

歯並びと仕事の関係

あなたのお子さんが大人になったら

川越の歯医者、一デンタルパーク武内です。


もう1月も後半戦に入って、診療も平常通り行っています。

感染対策を行って、こまめな清掃、予約時間の調整をさせていただいています。


また、来る2月に向けて、作戦会議を重ねています。

また院内を面白くしていきたいと考えています。

小児矯正はなぜ必要?

小児矯正は矯正治療の中でも特殊です。


一般的には歯並びを整えること=矯正治療です。

しかし小児矯正は「あごの発達を促して歯並びを誘導する」方法です。


体には成長期があり、身長や体格が大きく変化します。

骨が発達することで大人の体型になりますが、一度成長してしまうと変化しません。


成人の矯正治療では抜歯を行うことが多い理由がここにあります。


成長期をすぎて骨格が固まってしまうと決まってしまいますので、小児矯正は成長期を迎える前にしかできません



歯並びが悪くなるのには…

そもそも歯並びが悪くなってしまう原因は何でしょうか?


これには歯の大きさと顎の大きさが関係しています。

歯が大きく生えてきて、顎が小さく入りきらないとき歯並びは悪くなります。

ですが、生え初めてみないと、どれくらいの大きさの歯になるのかわかりません。

しかし、顎の大きさというのは、目で見えます。

また遺伝がかなり影響するので、お顔を見た時におおよそ判断することができます。

このことから、顎の大きさを装置によって大きくしたり、成長期に向けて発育を助けてあげるように先手先手で矯正をしてあげることができます。

小児矯正は歯並び治療ではない?

小児矯正の特徴

装置は取り外しができること

歯並びを整える治療ではないこと

が挙げられます。


この取り外し式の装置が顎の発育を助けます。

成人の矯正治療が歯に注目しているのに対して、今回はあごの骨に注目します

役割が全然違うため、小児矯正では歯並びを細く調整するものではなく、歯が生えるあごを大きくします。



お顔が大きくなってしまうわけではありません。

歯を支える顎の骨が大きくなることで、永久歯が重なって生えることを防ぎ、成人矯正治療にかかるお金と時間を大きくかかってしまうことがあります。

成人矯正の弊害

抜歯を行って矯正治療?

成人矯正治療の相談をすると、歯を抜かないとできないと言われたことはありませんか

これは顎の骨が大きくなることがないため、歯を抜くことで歯並びを整える必要があります。

つまり健康な歯を抜くことになりますよね?

本当にそれで満足でしょうか?

子供の頃にできることをしっかり考えられれば、顎が大きくなれば歯を抜かなくても自然と歯並びはよくなると思いませんか?



歯並びが将来を決める

見た目が重視される世界へ

見た目の好みは人それぞれだと思います。 ですが変えられることに目を向けないで、その場限りの繰り返しを考えてしまうことが多いように感じます。

20年前と比較しても矯正治療を受けたことがあるお子さんが増えています。

またその方々が父になり、母になっています。


歯並びは一生付き合っていくことになります。

毎日の食事や人とのコミュニケーションをとるのもお口が必要ですよね?


せっかくできる時期が限られています。

あなたのお子さんには逃してほしくはありません。


まとめ

小児矯正の大切さ

発育とともに行える矯正治療として、僕個人としてかなりオススメをしています。

特に検診で来院されたお子さんとご両親には、矯正治療が必要になる可能性からお伝えしています。

また矯正治療を行う時期についてもアドバイスさせていただいています。

矯正治療というと、方法とか、期間、金額が気になるところだと思います。

矯正治療をいつするのか考えながら、早めに備えることが重要です。

結局は小児矯正から始められたら、方法も簡単で、期間、金額も少なくできるコツだと思います。


矯正治療は未来への治療です。

矯正治療はいますぐに効果を出すものではありません。

歯並びであなたのお子さんが働き出したとき、どれだけ多くの恥をかくのでしょうか?


子どものうちに治療ができて、また一生涯体に残る治療が矯正治療です。

しっかりと行うことで、他の医療のどんな方法よりも長持ちする治療になります。

あれ?歯並び変わってきた?

子どもの前歯が出てきるような

といった変化に気づいた時、まずは相談していただくことをお待ちしています。

最後に

お母さんの心配事

発達期に顎の矯正をしたからといって、お顔の下半分が大きくなってしまうことはありません。

あくまでも歯を支える骨の発育なので、エラが張ってしまうとか、頬が盛り上がってしまうといったことは起こりません。

起こってしまうとしたら遺伝的な要素が強く関係していることがありますので診察時にお伝えしています。

小児矯正用パラタルプレート
小児矯正の装置は取り外し式です。

↓診療している診療所のご紹介

一デンタルパーク

小児歯科、矯正歯科も受け付けています。

新型コロナウイルス感染対策を強化しています。HPに詳細を記載しておりますので、ご覧ください。

歯科医院がもっと身近になることを第一に考えています。

小さな悩みのうちに解消すると体にとっては優しい治療になりますね。

毎週火曜日は院内でセミナーもしていますので、通っていない方でも参加OKです。お問い合わせください。

350-1124

埼玉県川越市新宿町3-15-15

049-257-5979

歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科に対応しています。

日本口腔インプラント学会 専修医

日本有病者歯科医療学会 専門医 認定医 在籍